コンテストの様子

DAY 1~3 in Tokyo

東京大会の前半の様子をまとめてお伝えします。

◆DAY1 8/9  Opening Ceremony

374_16 423_6 443

午前中のOpening Ceremonyでは、チームの紹介と、今年のケース課題の発表がありました。ソウルの一日目の記事にも書いてありましたが、今年のケース課題のテーマは、社会起業家に関するものです。ソウル大会と東京大会で、課題は一緒です。
午後には早速プランニングをはじめて、各々のチームで真剣に議論をしていました。

◆DAY2 8/10 Field Work

085 135 020_2
実際に街に出て、ビジネスプランを策定する上で必要な情報収集を行いました。主に新宿や渋谷、秋葉原に行ったチームが多かったです。この日の夜には、中間プラン報告をしなければならなかったので、どのチームも早めにField Workを終わらせ、プランニングを熱心に行っていました。

◆DAY3 8/11 Consulting Time

216 320 651

ビジネスの第一線で活躍する社会人の方から、中間プランへのアドバイスを頂きました。経験豊富なコンサルタントや経営者の鋭い指摘は、プランを飛躍的に高めるチャンスとなったかと思います。東京大会では、各々のチームが午前中に2名のコンサルタントの方にアドバイスをもらって、午後は、それを踏まえた上で更なるプランニングを行っていました。

初めてであった中韓の学生と、英語でビジネスプランを作成するOVAL。2日目のFieldWorkの肉体的な疲労もあり、参加者の方は心身ともに疲れてきています。今夜は参加者の方に楽しんでいただきたいという思いから、RefreshPartyが開かれました。三ヶ国のスタッフや参加者が関係なく、ゲームをしたり、会話を楽しんで親睦を深めました。

ちなみに、今年のチーム名は恒星の名前です。Vega,Sirius,Regulus,冬のソナタで有名になったPolarisなどです。恒星のように、それぞれのチームが、それぞれのチームにしかないような輝きを放ってほしいと思います。

| | コメント (0)

DAY 2 in Seoul

今日はソウルの街にfield workに出て、実際の市場調査などを行いました。

参加者の方は皆さん寝不足で疲れているようでしたが真剣にfield workに臨んでいました。
僕の同行したチームは、サンスン駅のCOEXというところへ行きました。
道ですれ違う一般の人たちに、プランニングに関係するアンケートをお願いしました。
でもなかなか答えてもらえず、あまりアンケートはできませんでした。

ソウルは日差しが強くとても暑かったですが、
湿度が低く日本よりも過ごしやすかったです。

昼食は相変わらず激辛で、日本人の方は多くの人が涙目になりながら食べました。
日本では当たり前のことも、ソウルだと違ったりして、大変です。

ソウル大会の会場の女性プラザに帰ってきてからプランニングを続行し、
夜には中間プランを提出しました。

少しだけプランを見ましたが、どのチームも充実したプランを作っているように思いました。

明日はいよいよ、提出したプランを社会人の方に見てもらう、コンサルティングタイムと
夜にはカクテルパーティがあります。

|