« OVALとは | トップページ | OVAL説明会のお知らせ »

ご質問に関して

国際ビジネスコンテストOVALに関して、
いままでに寄せられたご質問を以下に載せたいと思います。参考にして下さい。

OVALコンテストについて

Q OVALの実施期間が8月上旬とありましたが、
その期間全てのスケジュールをあけられなければ参加できないということでしょうか?

A OVALのコンテスト本番自体は8月9日から15日までですが、そのコンテスト本番を
より充実したものにするために、プロの社会人の講師の方をお呼びして、
ビジネス講習会を開催したりしますので、基本的に全日程の参加をお願いしております。


Q 参加費用としてはどの程度必要でしょうか?

A 東京大会…27,000円 / ソウル大会…63,000円 でございます。
※参加費にはコンテスト本番、事前・事後コンテンツに必要な費用
および渡航費が含まれております。


Q 例年選考の倍率はどの程度でなんでしょうか?

A 昨年度までは30人の募集を行っておりました。
2007年度大会は応募者160名、2006年度大会は50名、
それ以前の大会は45名となっております。
昨年度は倍率が5倍でしたが、例年は2倍弱でした。


コンテスト参加条件について

Q 必要とされる英語力というのはどの程度でしょうか?

A 英語力だけで、参加者の方を決めているわけではないですが、
英語で議論がスムーズにできる程度のレベルは求められると思います。


Q 予定があり説明会に参加することができないのですが、説明会に参加しないと
申し込むことはできないのでしょうか?

A OVALの参加者の方は、第一次選考課題と第二次面接(関西でも実施)を経まして、
最終的に決めさせていただきます。ですので、説明会に参加できなかったからといって
応募申し込みできないということはまったくありません。


Q 国際ビジネスコンテストということですが、ビジネスを専攻していなくても
参加できるのでしょうか?

A はい。学生の方の専攻は問いません。


Q 現在海外に留学中なのですが、参加可能ですか?

A はい、参加資格が「日本国籍を有する大学生、大学院生」ですので、
大丈夫でございます。


ビジネス課題について

Q 具体的にどういったエリアに携わっているビジネスコンテストなのですか?
過去に出題された課題はどのようなものだったのか教えて下さい。

A 公平性の問題から今年度の課題を教えることはできませんが、
例年日本や韓国、中国いずれかの開催国を舞台にした新規事業立ち上げを
基本的に課題として採用しております。分野としては特定の分野に偏っている
というわけではなく、毎年テーマ、内容は大きく異なります。

OVALは今年度で第6回目を迎えますが、
過去5大会での課題を簡単に紹介いたしますと

第1回東京大会:東京23区に展開する新しい都市型レクリエーション事業を考案しなさい。
第2回北京大会:中国北京の五道口で新規事業を立ち上げなさい。
第3回ソウル大会:ソウル市内において、「キッズビジネス」分野における、新たなビジネスプランを構築しなさい。
第4回東京大会:日本において、一人暮らしの人々に向けた、新たなビジネスプランを構築しなさい。
第5回北京大会:中国において失われつつある伝統文化に関係したビジネスを立ち上げなさい。
といったような課題になっております。


詳しくは申し上げられませんが、今年度は今までとは少し色の違う課題になると思うので、
是非期待して頂ければと思います。

|

« OVALとは | トップページ | OVAL説明会のお知らせ »

ご質問に関して」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1033535/21092491

この記事へのトラックバック一覧です: ご質問に関して:

« OVALとは | トップページ | OVAL説明会のお知らせ »